技術情報

  1. Home
  2. 技術情報
  3. ドライブを暗号化して管理する

ドライブを暗号化して管理する

ドライブ全体を暗号化することで、より安全にデータを管理することができます。
アクセスができないため、ファイル名等も確認できません。

Windows 暗号化機能 BitLocker

Windows7のUltimateとEnterpriseで利用できるドライブ全体の暗号化機能です。暗号化を行ったユーザーは暗号化を意識することなく使用できます。暗号化されたドライブ以外へコピーする場合、暗号化は自動的に解除されます。
BitLocker To Go 機能を使用すると、USBメモリや外付けHDDなど、外部メディアに対しても保護することができます。

※BitLocker 暗号化の注意点
暗号化を行った際、回復キーのバックアック画面が表示されますので、必ずキーをバックアップしてください。
キーがない場合、ドライブにアクセスできなくなります。

Windows BitLocker 暗号化の手順

Windows7におけるBitLocker 暗号化の手順です。暗号化にはかなりの時間がかかります。その間はディスクに負荷がかかりますので、他の作業は控えてください。またディスクに機械的な問題があった場合、状態が悪化する可能性もありますので、必ずデータのバックアップを取得した後に実施してください。

※以下に説明する方法は、システムやバージョンにより異なります。作業によって生じたデータの消失、機械・メディア等の破損に対してLIVEDATAは一切の責任を負いません。

STEP 1
スタート - コントロールパネルを選択します。
【STEP1】スタート - コントロールパネルを選択します。
STEP 2
コントロールパネルから、BitLocker ドライブ暗号化を選択します。
【STEP2】コントロールパネルから、BitLocker ドライブ暗号化を選択します。
STEP 3
暗号化したいドライブの「BitLockerを有効にする」をクリックします。
【STEP3】暗号化したいドライブの「BitLockerを有効にする」をクリックします。
STEP 4
暗号化の解除方法を選択します。必ず回復キーを保管した後、ドライブの暗号化を開始してください。
【STEP4】暗号化の解除方法を選択します。必ず回復キーを保管した後、ドライブの暗号化を開始してください。
STEP 5
暗号化の完了後、エクスプローラーから、BitLockerで暗号化されたドライブ(鍵マーク)を確認できます。
【STEP5】暗号化の完了後、エクスプローラーから、BitLockerで暗号化されたドライブ(鍵マーク)を確認できます。
STEP 6
BitLockerを解除するには「BitLockerを無効にする」をクリックします。
BitLockerの管理からは様々なオプションを選択できます。

【STEP6】BitLockerを解除するには「BitLockerを無効にする」をクリックします。BitLockerの管理からは様々なオプションを選択できます。

Bitlockerの注意事項

BitLockerで暗号化されたドライブを取り外して、BitLockerをサポートしていないパソコンやOSに接続した場合、「今すぐフォーマットしますか?」というエラーメッセージが表示されます。BitLockerの暗号化ドライブにアクセスするには、回復キーとBitLockerが実行できるパソコンでアクセスする必要があります。誤ってフォーマットしないように注意してください。

データ復旧を初めて利用
されるお客様はこちら

ページの先頭へ