ビデオカメラのデータ復旧

  1. Home
  2. ビデオカメラのデータ復旧

HDD、SSD搭載の
ビデオカメラに対応

急な電源断や落下、水没等の故障、メーカーでは交換修理と
言われた製品からでもデータの復旧が可能です。

ビデオカメラのデータ
復旧サービスの詳細

データ消去イメージ

データの削除、初期化後はすぐに相談
いらないデータを削除しようとしたら必要なものまで削除したり、子供がいじっていたらデータが消えていたなど、電気機器の誤操作によるデータ消失も、その後の追加撮影がなければ高い確率で復旧できます。

電源が入らないビデオカメラ

ディスクエラー、電源が入らなくても対応可能
内蔵のHDDや内蔵メモリーは激しい動作に弱く、使用中に故障するケースがあります。HDDやSSDといった記録媒体の障害はLIVEDATAで復旧・対応が可能です。メーカーで交換といわれた場合の復旧実績も多数ありますので、まずはご相談ください。

データコード

破損ファイルを再生できるように修復
削除または損傷した動画データを復旧するための有効なツールは多くありません。そのため、エンジニアがデータコードを分析し、0.5秒単位の編集を行い、再生できるファイルに組立直します。

ビデオカメラ代替機の
貸出できます!

貸出ビデオカメラ

ビデオカメラの代替機貸出中
学校行事、家族旅行も
逃す心配がありません。

申請書のダウンロード

水没や落下も諦めないで。
復旧実績多数あります。

水没、洗濯してしまった
旅行や雨の日の野外撮影、カバンの中でジュースがこぼれたり、洗濯してしまったというご相談もいただいたことがあります。
どの場合も不純物を多く含む水分のため、乾かしてしまったり、電源を入れると、データを保存しているハードディスクやメモリーが故障する可能性があります。
可能な限り、早めのご相談で復旧できる可能性を高めることができます。
落とした、ぶつけてしまった
落とした場合、内蔵HDDが故障することが多く、電源を入れても動かなかったり、繰り返し小さな異音が聞こえたりします。
HDDの読み取りエラーと表示された場合は、すぐに電源を切って弊社までご相談ください。
内蔵メモリータイプの場合は、液晶や外損だけで、記録媒体とデータ自体は損傷していない可能性もあります。
急な電源の遮断など
撮影または再生中にバッテリーが切れてしまったり、間違って電源を抜いてしまった場合、急に電源が落ちると、次回起動時にエラーが発生する可能性があります。
パソコン同様、ファイルシステムが損傷したり、内部基板がダメージを受けることによって故障しますが、このような場合も、内蔵のドライブから直接データを抽出することができますので、ご相談ください。

対応可能
メーカー・シリーズ

ビデオカメラの
データ復旧費用

削除、初期化、起動できなくても
復旧可能

HDD容量 メーカー 復旧費用
~120GB Panasonic, SHARP, SONY, HITACHI, Pioneer, Victor, Canon 64,800円 ~
その他 その他容量、深刻な障害(水没等)また動画編集費を頂く場合もございます。

ページの先頭へ