ハードディスクのデータ復旧

認識しない、異音などの機械的な障害も1.73日のスピード復旧
顧客満足度91.79%の安心サポート ※2013年12月現在

  1. Home
  2. ハードディスクのデータ復旧
  3. 論理障害の詳細
  4. ファイルを削除した

ファイルを削除した(ごみ箱を空にした)

誤ってファイルを削除・ごみ箱を空にした場合は、PCの使用を控えて、
復旧天使までご相談ください。PCを使用するほど復旧が難しくなります。

ファイルを削除した(ゴミ箱を空にした)場合の対応・対処方法

ゴミ箱を空にした

データを削除しても、OSからアクセスするための経路を削除するのみで、実際のデータが保存されていた領域は削除されません。ただし、OSからは削除された空き領域として認識されるため、インターネットやダウンロード、メール受信などを行うとデータ領域を上書きしてしまいます。
上書きされた領域からはデータは復旧できませんので、データの削除を行った場合はすぐにパソコンの使用を中止してください。

STEP 1
データの保存をしないまず第一にやるべきことは、パソコンやサーバーなどの電源を落とす事です。USBメモリーやデジカメのSDカードなどは、すぐに取り外しを行います。
ファイルやフォルダなどのデータを削除した直後であれば、復旧の可能性は十分にあります。
データ復旧ソフト「復旧天使」ダウンロード
STEP 2
復旧したいデータを検索するUSB外付けのHDDやメモリー類は、そのまま接続できます。パソコン本体内蔵のHDDやネットワークディスクなどは、中からHDDを取り外して、別途ケースや変換ケーブルを使用してPCに接続します。
復旧天使ご使用前の接続準備方法
STEP 3
データを復元する復旧ソフトを起動させて、目的のドライブを選択します。
スキャンが遅かったり、メディアから変な音が聞こえた場合は機械的損傷の可能性がありますので、作業を中断してお問い合わせください。
復旧天使の使用方法/マニュアル
ソフトウェアで復旧できない場合は
職場で必要なデータや、緊急で復旧を希望されるお客様は、 復旧天使のデータ復旧サービスにお問い合わせください。
データの損傷具合によって、データ復旧ソフトでは復旧できない場合があります。ほとんどのソフトウェアに体験版がありますので、復旧の可能性をお試しいただいた後、よく検討した上でご購入いただくようお願い致します。
ソフトウェアでは復旧できなかった、難しくよくわからない、余計に壊してしまいそう。というお客様、職場で必要なデータや、緊急で復旧を希望されるお客様は、弊社のデータ復旧サービスにお問い合わせください。
削除されたデータの復旧は、最短2時間で復旧できる場合もあります。希望データが出ない場合は費用は頂きません。
この障害・症状の復旧対応例
ハードディスクやメディアに物理的な障害が発生していても、復旧天使のデータ復旧サービスなら復旧が可能です。
最短6時間から、追加費用等は一切ありませんので安心してご依頼ください。
ハードディスクのデータ復旧事例

自分で出来る対処方法

ページの先頭へ