マックのデータ復旧

  1. Home
  2. Macintoshのデータ復旧

マックユーザのための
復旧サービス

MacBook Air、MacBook Pro、iMac、MacPro、XSERVEなどのアップル製品のほか、
林檎派やG-Technology、LACIEなどマックユーザー専用のデータ復旧サービスです。

マッキントッシュの
障害例

エラーや?マークがでて起動できない

エラーや?マークがでて起動できない
起動するためのファイルが読み込めなかったり、ディスクにエラーが発生している場合に表示されます。MacOS自体のファイル損傷よりはディスク自体のエラーが故障の可能性が高く、ネットワークや別ディスクから起動してみてください。

ディスクが認識できない

ディスクが認識できない
ネットワークや別ディスクから起動後、ディスクユーティリティでOS用のディスクが認識されているか確認してください。ドライブ自体が認識できない場合と、ファイルシステムが表示されない場合がありますが、どちらも復旧の可能性はあります。

タイムマシンで初期化した

タイムマシンで初期化した
新しいディスクが接続されると、タイムマシンの設定が表示されます。間違って指定した場合は、初期化されてしますのですぐにスっトップしてください。データが保存されればされるほど復旧率は低下しますが、全く復旧できないわけではありませんので、諦めずにご相談ください。

RAID構成情報が異常(エラー)の場合

RAID構成情報が異常(エラー)の場合
ハードディスクの障害によってRAID構成が崩れた場合やユーザーの操作ミスによってRAID構成を初期化した場合などは、データ復旧専門会社に依頼する必要があります。RAID構成情報が再設定・初期化された場合、データ領域が初期化されすべてのデータが復旧できなくなる可能性があります。
RAID構成が崩れただけの状態であれば、高い確立で復旧が可能です。

MacPro RAID障害
発生時の注意点

RAID0

RAID0ボリュームの使用は大変危険です。
RAID0でボリュームを構成した場合、 1本のディスクに障害が発生するだけで全てのデータにアクセスできなくなります。ハードディスクから異音がしたり少しでもHDDがおかしいと感じた場合は、電源を落としてすぐにLIVEDATAまでご相談ください。無理に電源オンオフを繰り返すと、HDDの状態がどんどん悪くなり、復旧できなくなる場合があります。
特にMac Proに多く使用されているシーゲートのハードディスクは、メディア自体が損傷しやすいのですぐに作業を中断してください。

RAID1

RAID 1の場合
RAID1のボリュームを利用した場合も、ファイルの削除や初期化に対しては2つのディスクに対して同時に行われるため、データの消失を防ぐことができません。論理障害の場合は、データの復旧ソフト等をお試しください。
HDDが認識しないなどの物理障害が発生している場合は、先に既存データのバックアップを取得後、ディスク交換を実施してください。ディスク交換を先に行うと、ディスクに負荷がかかり、別のディスクまで故障してしまう可能性があります。

RAID5

RAID 5の場合
ディスク1本が物理的に故障しても、リビルドを自動で行い、データへのアクセスは継続できます。この場合、すぐにディスクを交換されると、残りのディスクからはデータの読み込み、交換したディスクにはデータの書き込みが発生します。これらの負荷によって、別のディスクの状態が悪化し、ディスクからエラーが発生してしまうと、リビルドが止まってしまい、システムが停止します。
データ消失の可能性を低くするためにも、データのバックアップを取得後、ディスク交換作業を実施してください。

マックのデータ
復旧費用

データの削除、初期化、
ディスクのエラーも最短当日

シリーズ 料金(税込)軽度 ~ 重度
Mac Book、Mac mini、iMac
Mac Pro、Mac Book Air
43,200円 ~
その他 お問い合わせください

※他社又はお客様側で一回以上分解作業されたハードディスクの復旧は、別途お見積もりとなります。

ページの先頭へ