データ復旧技術教育

  1. Home
  2. データ復旧技術教育
  3. RAID障害復旧コースのご案内

RAID障害復旧コースのご案内

RAIDボリュームの基本的な構造と、障害時の損傷パターン、復旧方法を学び、
早く、安全にデータを抽出する技術を習得します。

RAID障害復旧コースの概要

ハードディスクの機械的な損傷、障害を復旧するためのトレーニングです。ヘッドクラッシュのヘッド交換、モータ交換、基板修理などの機械的な損傷に必要不可欠なパーツの交換方法と、交換するべきパーツの選定方法、その他ディスクの制御が必要な障害の対応など、機械故障に対応できる技術を習得します。

コース内容

RAID構成のNAS、サーバが故障する原因の多くは、ハードディスクやサーバー本体のハードウェア的障害から発生します。
物理障害を復旧したのち、データコードからRAIDの構成やブロック数、ディスクの順番などを分析できなければ最終的なデータは復旧できません。ここでは、RAID障害時の復旧方法を実践から学んでいきます。

RAIDボリュームの復旧

RAIDボリュームの復旧

RAID0/1/5/6ボリュームの構成とコードマップ等を習得します。
障害時にデータコードの分析が必要となりますので、バイナリエディターの使用方法や各種ファイルシステムの基本が必須項目です。

NASの復旧技術

NASの復旧技術

各メーカーから販売されているNAS製品に対する復旧技術を習得します。
メーカ、モデル毎に少しずつ異なるファイルシステムやデータコードの保存領域を分析し、復旧率の向上と復旧時間の短縮を図ります。

HDDメーカ別複合障害

HDDメーカ別複合障害

RAIDボリュームが損傷するのは、
ディスクの機械的または論理的損傷が発生しているためです。
複数の要因を復旧させることで、RAIDボリュームの復旧を行います。

メーカ別 実例 トレーニング
- Western Digital : ノッキング障害
- Seagate : Barracuda FW障害
- Maxtor : 誤認識
- Toshiba : モーター不良
- Samsung : Bios認識不可
- Hitachi : 基板不良障害

教育施設

データ復旧の技術トレーニングは、東京のLIVEDATA本社で行います。トレーニングに必要な設備、ツールなどはLIVEDATAのものを使用します。実際に復旧サービスで使用しているものですので、復旧会社のサービスと同等の設備を使用できます。

個別指導マンツーマン、少人数で行うため、一方的なセミナ ーとは習得度が違います。
最新ツールを使用最先端のツールや弊社開発ソフト等を織り交ぜながら、最新の技術を習得できます。
より安全・確実な方法を習得ハードディスクの機械的な損傷に安全に対応できるツールなど、短時間での技術向上に努めます。

RAID障害復旧コースの詳細

受講対象者
-企業のシステム管理者、パソコン修理業者、官公庁
-販売、修理業務に従事する顧客エンジニア、システムエンジニアの方
受講期間
開始時期:応相談
受講日程:約1週間程度
※受講者様の技術スキルにより変更
会場
LIVEDATA 東京トレーニングセンター
目的
RAID/NASの復旧技術の習得
HDDブランド別複合障害復旧
前提条件
コンピュータに対する基礎知識、操作方法等の一般的なスキル
費用
下記フォームからお問い合わせください。

データ復旧技術教育のお問い合わせ

ページの先頭へ

  1. お申し込み
  2. 復旧費用
  3. お申し込み

Quick Menu

  • 郵送方法
  • パートナー
  • 復旧費用
  • 復旧実績
  • サービス案内
  • お申し込み
  • 持込み方法
  • お客様の声
  • データ復旧とは
  • お問い合わせ
    対応メディア
  • 0120-895-960
  • HOME
  • サーバ復旧
  • NAS復旧
  • HDD復旧

Quick Menu

  • HOME
  • Download
  • マニュアル
  • 初心者ガイド
  • 0120-17-1004
  • 初めての方へ
  • 購入
  • Login
  • レビュー
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • NEWS
  • 会社案内