1. ホーム
  2. サポート
  3. 復旧事例と技術情報
  4. Mac暗号化HDDからのデータ復旧

復旧事例と技術情報

ソフトウェアの使用方法に関するマニュアルや
復旧事例をご案内致します。

  1. 全て
  2. NAS
  3. HDD
  4. メモリー
  5. RAID
  6. Mac
  7. その他
MAC

Mac暗号化HDDからのデータ復旧

  • シェアする
  • LINEに送る
  • ツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに保存
Apple FileVault2で暗号化されたボリュームに対して、復旧天使Professionnal Ver6.10
使用して暗号化を解除しデータを復旧する手順についてご説明します。

[目次]
・作業環境 
・作業手順
 1.HDDを作業用PCに接続する
 2.復旧天使Professionnal Ver6.10を起動する
 3.HDDが認識されていることを確認する
 4.Apple Core Storage ボリュームとして開く
 5.パスワードを入力する
 6.暗号化解除完了
 7.パーティションを開いて復旧作業を行う

[作業準備]
 作業用PC:Windows PC
 接続方法:SATAケーブル
 使用ソフト:復旧天使Professional(Windows) Ver6.10

[作業手順]
1.Mac本体からHDDを取り出して、作業用コンピュータに接続します。

2.復旧天使Professional Ver6.10 をインストールして起動します。
 ※FileVault2の暗号化解除は、Ver6.10から追加された機能です。ご購入頂いたライセンスが
  無料サポート期間内であれば、アップデートしてご利用頂けます。


3.復旧天使上に接続したMac暗号化HDDが表示されていることを確認します。該当HDDは暗号化
 されているため「不明なパーティション」と表示されます。


4.「不明なパーティション」を右クリックして「Apple Core Storageボリュームとして開く」
 を選択します。
 ※「暗号化ストレージの復号化」は使用しませんので、選択しないで下さい。


5.「暗号化ストレージを解除するためのパスワードを入力」画面が表示されたら、パスワードの
 入力欄に、Macで使用していたユーザーパスワードを入力します。
 ※ユーザーパスワードが不明の場合は、暗号化を解除することはできません。
 ※FusionDrive作成時に生成された復旧キーを入力しても暗号化を解除することはできません。



 パスワードを正しく入力したら、エンコード設定はデフォルトで「OK」をクリックします。


6.OKボタンをクリックすると、暗号化が解除されたボリュームが新たに表示されます。
 暗号化が解除されたボリュームは、通常のボリュームと同様の作業を行うことができます。


7.HFS+パーティションを右クリックして「パーティションを開く」を選択し、エクスプローラ
 画面で開きます。
 既存のデータが正常に表示されることを確認できたら、暗号化の解除作業は完了です。
 既存データを復旧する場合は、そのままデータを指定して保存して下さい。
 消失したデータを復旧する場合はメニューアイコンの中から「消失データのスキャン」を選択
 してデータのスキャンを行って下さい。
 スキャン結果から希望データが確認された場合は、データを保存して作業は完了です。

復旧天使を使ってみる
プロに復旧を依頼する

ディスク自体が壊れているような場合は、復旧ソフトでは対応できません。作業を行うことでより悪化してしまう可能性がありますので、作業がご不安なお客様や接続する設備や環境がない場合、大事なデータだからプロに依頼したいというお客様は復旧サービスをご利用ください。

POINT 1
復旧できた時だけ
お支払い
POINT 2
復旧歴20年の
技術者が対応
データ復旧サービス
復旧天使
Copyright © 2007-2022 LIVEDATA All Rights Reserved.
ページの先頭へ