1. ホーム
  2. サポート
  3. 復旧事例と技術情報
  4. クイックスキャンによるデータ復旧方法

復旧事例と技術情報

ソフトウェアの使用方法に関するマニュアルや
復旧事例をご案内致します。

  1. 全て
  2. NAS
  3. HDD
  4. メモリー
  5. RAID
  6. Mac
  7. その他
ETC

クイックスキャンによるデータ復旧方法

  • シェアする
  • LINEに送る
  • ツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに保存
障害内容
筐体の故障によって中のHDDのデータにアクセスできない

復旧作業詳細
外付けケースやNAS等の筐体の故障によって、中のHDDのデータにアクセスできない場合のデータ復旧手順について、復旧天使Standardのウィザードモードを例にご案内致します。
※復旧天使のどのエディションでも同様の作業が可能です。
※アドバンスドモードでも復旧作業は可能です。

[手順1]
復旧天使Standardがインストールされている作業用コンピュータに復旧対象HDDを接続し、復旧天使Standard をウィザードモードで起動します。




[手順2]
ウィザードモードの「論理ボリューム」タブには、HDDのパーティションが表示されます。
画像ではWindows環境の外付けHDDとして使用していたNTFSパーティションが表示されています。




[手順3]
データの削除ではありませんので、NTFSパーティションを開けばデータにアクセスできる筈です。
該当のNTFSパーティションを選択し、「次へ」をクリックします。





[手順4]
スキャンが始まり、「ファイルシステムを分析しています。」の表記が出ますので、ファイルシステムの分析が終了するまでしばらく待ちます。





ファイルシステムの分析が終了し、「詳細スキャンを実行しています。」のステップに入ったら「詳細スキャンをスキップ」をクリックします。




[手順5]
詳細スキャンをスキップする確認画面が表示されますので、「はい」を選択します。






[手順6]
フォルダやファイルが表示されますので、データが問題なく表示されているかを確認します。




[手順7]
復旧希望データがある場合、そのファイルを選択して保存してください。
保存したデータが正常に開くことを確認したら、復旧完了です。

 


復旧天使を使ってみる
プロに復旧を依頼する

ディスク自体が壊れているような場合は、復旧ソフトでは対応できません。作業を行うことでより悪化してしまう可能性がありますので、作業がご不安なお客様や接続する設備や環境がない場合、大事なデータだからプロに依頼したいというお客様は復旧サービスをご利用ください。

POINT 1
復旧できた時だけ
お支払い
POINT 2
復旧歴20年の
技術者が対応
データ復旧サービス
復旧天使
Copyright © 2007-2021 LIVEDATA All Rights Reserved.
ページの先頭へ