1. ホーム
  2. サポート
  3. 復旧事例と技術情報
  4. 取り出しが難しい内蔵ディスクのデータ復旧

復旧事例と技術情報

ソフトウェアの使用方法に関するマニュアルや
復旧事例をご案内致します。

  1. 全て
  2. NAS
  3. HDD
  4. メモリー
  5. RAID
  6. Mac
  7. その他
ETC

取り出しが難しい内蔵ディスクのデータ復旧

  • シェアする
  • LINEに送る
  • ツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに保存

取り出しが難しい内蔵ディスクのデータ復旧

※現在、Emergency CDはご提供しておりません。
※PKG製品には、起動用USBが付属しております。

デザインと携帯性に優れた近年のコンピュータでは、内蔵されているドライブからデータを
復旧したくても取り出しが容易ではない場合もあります。
そうした場合に、ドライブを取り出さず、かつ内蔵ドライブにソフトウェアをインストール
する必要のない方法での復旧作業についてご案内致します。

[目次]
・作業環境
・作業手順
 1.Emergency CDをダウンロードする
 2.ブートUSBを作成する
 3.ブートUSBを接続して起動する
 4.復旧天使をアドバンスドモードで起動する
 5.保存用ディスクを確認する
 6.イメージファイルを作成する
 7.イメージファイルを保存する
 
[作業環境]
作業に必要なものは以下の通りです。
1.USBメモリー(ブートUSB作成用)
2.復旧天使Emergency CD(Booting ISO)  
 ※復旧天使Webサイトで無料でダウンロードできます。
 ※Emergency CDには復旧天使Standard/Standard RAID/Professionalの体験版が
   含まれています。

3.内蔵ドライブ以上のサイズの外付けHDD(イメージ保存用)
 
[作業手順]
1.復旧天使WebサイトからEmergency CD(Booting ISO)をダウンロードします。
 
2.ブートUSB作成ツール(フリーソフトで可)を用意して、Booting ISO(Emergency CD)
 を使用してブートUSBを作成します。
  
3.復旧したい内蔵ドライブが入っているコンピュータにブートUSBと外付けHDDを接続して
 USBで起動します。
 ※コンピュータ起動時のオプションでUSBメモリー起動の設定を行って下さい

4.Emergency CDが起動したら、デスクトップに表示されているアイコンからインストール
 されている復旧天使Standard(Linux)「アドバンスドモード」で起動します。
 ※「復旧天使Standard(ウィザード)」アイコンを選択するとウィザードモードで
   起動します。ウィザードモードでは本作業は行えません。

 
5.起動画面の接続されたストレージに内蔵ドライブと接続している外付けHDDが表示されて
 いることを確認します。
 
6.内蔵ドライブを指定して「イメージバックアップ」を選択し、保存先に外付けHDDを指定
 して内蔵ドライブのイメージファイルを作成します。
 
7.外付けHDDにイメージファイルが作成されたら、作業完了です。
 作成したイメージファイルを他の作業用コンピュータにインストールした復旧天使で開けば
 すぐに復旧作業を進めることができます。
  
 

復旧天使を使ってみる
プロに復旧を依頼する

ディスク自体が壊れているような場合は、復旧ソフトでは対応できません。作業を行うことでより悪化してしまう可能性がありますので、作業がご不安なお客様や接続する設備や環境がない場合、大事なデータだからプロに依頼したいというお客様は復旧サービスをご利用ください。

POINT 1
復旧できた時だけ
お支払い
POINT 2
復旧歴20年の
技術者が対応
データ復旧サービス
復旧天使
Copyright © 2007-2022 LIVEDATA All Rights Reserved.
ページの先頭へ