1. ホーム
  2. サポート
  3. 復旧事例と技術情報
  4. 16進数ビューアでRAID構成ディスクの順番を確認する

復旧事例と技術情報

ソフトウェアの使用方法に関するマニュアルや
復旧事例をご案内致します。

  1. 全て
  2. NAS
  3. HDD
  4. メモリー
  5. RAID
  6. Mac
  7. その他
NAS

16進数ビューアでRAID構成ディスクの順番を確認する

  • シェアする
  • LINEに送る
  • ツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに保存
Buffalo TeraStation等のディスクは、16進数ビューアで表示させるとディスクの番号が表示
される場合があります。手動で仮想RAIDを設定する際に活用することができます。

[目次]
・作業環境
・作業手順
 1.RAID構成ディスクを取り出す
 2.作業用PCを用意する
 3.復旧天使をダウンロードする
 4.復旧天使をインストールする
 5.ソフトウェアを終了する
 6.作業用PCにRAID構成ディスクを接続する
 7.復旧天使をアドバンスドモードで起動する
 8.ディスクを16進数ビューアで表示する
 9.ディスク番号を確認する
 10.他のディスク番号も確認する

[作業環境]
 作業用PC:Windows PC
 接続方法:SATAケーブル
 使用ソフト:復旧天使Standard RAID

[作業手順]
 1.NASをシャットダウンして、格納されているディスクをすべて抜き出します。
  ※ディスクを抜き出す際は、ディスクを必ず控えて下さい。
 2.復旧作業コンピュータを1台用意します。OSはWindows、Macintosh、Linuxのいずれでも
   構いません。

 3.作業用コンピュータのWebブラウザを起動して復旧天使Webサイトにアクセスし、復旧天使
   Standard RAIDの体験版をダウンロードします。
  ※インストールする作業用コンピュータのOSに合わせて、ダウンロードファイルを選んで
    下さい。


 4. ダウンロードしたファイルを解凍して、インストーラを実行し復旧天使Standard RAIDを
   インストールします。

 5.インストール完了後、ソフトウェアが起動した場合は、いったん終了させます。
 
 6.作業用コンピュータに抜き出したRAID構成ディスクをすべて接続します。
   ※SATAケーブルで接続する場合は、作業用PCをシャットダウンしてから接続して下さい。
  

 7.「復旧天使ソフトウェア管理」からインストールした復旧天使Standard RAIDの体験版を
   「アドバンスドモード」で起動します。
   ※ウィザードモードで起動しても、本作業は行えません。

 8.「接続されたストレージ」の下に表示されているRAID構成ディスクの1つを選択した状態で
  「16進数ビューアでストレージを表示」アイコンをクリックします。
 
 9.プロパティ画面が16進数表示に切り替わったら、16進数ビューア右側のテキストにディスク
  番号が表示されているか確認します。
 
10.ディスク番号が表示されている場合は、他のドライブも同様に確認します。
    すべてのディスク番号を確認すれば、筐体から抜き出す前のディスク順が分かります。



  
復旧天使を使ってみる
プロに復旧を依頼する

ディスク自体が壊れているような場合は、復旧ソフトでは対応できません。作業を行うことでより悪化してしまう可能性がありますので、作業がご不安なお客様や接続する設備や環境がない場合、大事なデータだからプロに依頼したいというお客様は復旧サービスをご利用ください。

POINT 1
復旧できた時だけ
お支払い
POINT 2
復旧歴20年の
技術者が対応
データ復旧サービス
復旧天使
Copyright © 2007-2022 LIVEDATA All Rights Reserved.
ページの先頭へ