1. ホーム
  2. サポート
  3. 復旧事例と技術情報
  4. HDL-GTR RAID5の削除データをネットワーク経由で復旧する

復旧事例と技術情報

ソフトウェアの使用方法に関するマニュアルや
復旧事例をご案内致します。

  1. 全て
  2. NAS
  3. HDD
  4. メモリー
  5. RAID
  6. Mac
  7. その他
NAS

HDL-GTR RAID5の削除データをネットワーク経由で復旧する

  • シェアする
  • LINEに送る
  • ツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに保存
LANDISK HDL-GTR RAID5のデータを削除した場合に、ディスクを取り出さずにネットワーク
経由で復旧する手順についてご説明します。

[目次]
・作業環境
・作業手順
 1.復旧天使をダウンロードする
 2.エージェントファイルをインストールする
 3.復旧天使を起動する
 4.管理者パスワードを入力する
 5.RAIDボリュームを選択する
 6.スキャンを開始する
 7.データを確認する
 8.データを保存する

[作業環境]
 作業用PC:Windows PC
 接続方法:ネットワーク接続
 使用ソフト:ネットワークストレージ復旧 for IODATA

[作業手順]
 1. 復旧作業に使用するコンピュータを1台用意して、復旧天使Webサイトより「ネットワーク
   ストレージ復旧 for IODATA」
の体験版をダウンロードしインストールします。
   ※インストール環境はWindowsのみです。
 
 2.IODATA HDL-GTRのデータ復旧作業をネットワーク経由で行うために、HDL-GTRの一部
  領域にエージェントファイルをインストールします。
  Magical Finder等からWeb管理者ページにアクセスし、ファームウェアアップデートの要領
  で以下のエージェントファイルを指定します。
  C:\Program Files\復旧天使\manual\iodata-g-series-install.agent
  ※エージェントファイルをインストールするために、NASの再起動が発生します。
  ※HDL-XRの場合は、エージェントファイルは自動でインストールされます。

 
 3.NASが再起動したら「ネットワークストレージ復旧 for IODATA」を起動し、復旧対象の
  NASを選択して次へ進みます。
  ※NASが表示されない場合は「更新」ボタンをクリックして表示されるか確認して下さい。
  ※NASの再起動が完了しない間は、画面に表示されません。
  ※Magical FinderにNASが表示されないと、ネットワーク経由で復旧作業を行うことはでき
   ません。


 4.パスワード入力画面が表示されたら、管理者パスワードを入力します。
  ※データ保護のため、共有フォルダへのアクセスを制限することをお勧めします。

 5.「接続」をクリックすると自動で仮想RAIDボリュームが作成され、ファイルシステム
  ボリュームやストレージデイバス画面が表示されます。
  表示されているRAIDボリュームから復旧対象ボリュームを選択して次へ進みます。
 
 6.「スキャン設定」画面で拡張子別スキャンを実行するか選択し「スキャン開始」をクリック
  します。チェックを入れない場合は詳細スキャンのみを行います。
  ※ネットワーク経由でのスキャンは、ディスクの状態や容量によっては数日かかる場合が
   あります。


 7.スキャンが完了するとエクスプローラ画面が開いてスキャン結果が表示されますので、表示
  されたスキャン結果の中から、復旧するデータを確認します。

 8.復旧したいデータがあれば、フォルダやファイルにチェックを入れて保存します。データを
  確認して正常に開けば作業完了です。
 
復旧天使を使ってみる
プロに復旧を依頼する

ディスク自体が壊れているような場合は、復旧ソフトでは対応できません。作業を行うことでより悪化してしまう可能性がありますので、作業がご不安なお客様や接続する設備や環境がない場合、大事なデータだからプロに依頼したいというお客様は復旧サービスをご利用ください。

POINT 1
復旧できた時だけ
お支払い
POINT 2
復旧歴20年の
技術者が対応
データ復旧サービス
復旧天使
Copyright © 2007-2022 LIVEDATA All Rights Reserved.
ページの先頭へ