1. ホーム
  2. サポート
  3. 復旧事例と技術情報
  4. RAID1のNASでディスク1台が故障した場合

復旧事例と技術情報

ソフトウェアの使用方法に関するマニュアルや
復旧事例をご案内致します。

  1. 全て
  2. NAS
  3. HDD
  4. メモリー
  5. RAID
  6. Mac
  7. その他
NAS

RAID1のNASでディスク1台が故障した場合

  • シェアする
  • LINEに送る
  • ツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに保存
該当ソフトウェア:復旧天使Standard(Win,Mac,Linux)
障害内容
RAID1の構成ディスクの故障により、RAIDボリュームにアクセスできない
復旧作業詳細
ディスク構成:500GB×2 RAID1
RAID1(ミラーリング)のディスク1台の故障によりデータにアクセスできない場合でも、もう片方のディスクが正常であればデータを復旧できる可能性はあります。
ここでは片方のディスクが正常な場合のケースとして、復旧天使 Standard(Windows) での復旧手順をご紹介します。
※復旧天使 Standard (Mac,Linux)、復旧天使Standard RAID (Win,Mac,Linux)でも復旧可能です。
※RAID1のディスクが2台とも正常で、ディスク2台で仮想RAIDを組む場合は、Standard RAIDが必要です。

[手順1]
RAID1の正常なディスクを作業用コンピュータに接続して、復旧天使 Standard をアドバンスドモードで起動します。
※ウィザードモードでの起動でも作業に問題はありませんが、ウィザードモードでは復旧対象のディスクやドライブを選択する
と自動でスキャンが開始しますので、ここではアドバンスドモードで起動します。データ削除や初期化の場合など、最初から
既存のデータの中には希望データがないと分かっている場合は、ウィザードモードで作業して頂いても構いません。



[手順2]
復旧対象のディスクはDirve1で表示されています。
RAID1の場合は、どのディスクのデータパーティションにも必ずファイルシステムが表示されますので、確認が容易です。
事例のTeraStationの場合は、SGI XFSパーティションがデータパーティションとなります。



復旧対象のSGI XFSパーティションを選択して「エクスプローラ」画面で中のフォルダを確認します。


[手順3]
フォルダの中が正常に表示され、復旧したいデータが確認できる場合は、データを保存して作業は完了です。


[手順4]
復旧したいデータが確認できない場合は、「詳細スキャンの実行」をクリックしてデータをスキャンしてください。



[手順5]
スキャン結果でデータが確認されれば、作業完了です。





復旧天使を使ってみる
プロに復旧を依頼する

ディスク自体が壊れているような場合は、復旧ソフトでは対応できません。作業を行うことでより悪化してしまう可能性がありますので、作業がご不安なお客様や接続する設備や環境がない場合、大事なデータだからプロに依頼したいというお客様は復旧サービスをご利用ください。

POINT 1
復旧できた時だけ
お支払い
POINT 2
復旧歴20年の
技術者が対応
データ復旧サービス
復旧天使
Copyright © 2007-2022 LIVEDATA All Rights Reserved.
ページの先頭へ