Linuxのデータ復旧

  1. Home
  2. Linuxのデータ復旧

ネットワークディスクや
サーバすべて対応

Ubuntu、CentOS、RedHatなどディストリビューションに関係なく
サーバダウンやディスク故障など、すべての障害に対応します。

対応ディストリビューション一覧とLinuxの障害例

マウント不可
ディスクの故障、SuperBlockの損傷によってボリュームがマウントできない、起動できない場合もデータ領域から復旧が可能です。
rmコマンドによる削除
inode値の損傷によりディレクトリ構造やファイル名を復旧することが難しく、一部のデータに対しては復旧の可能性があります。
SCSIディスクの故障
SCSIやSASのディスクは認識ができない場合も、ドライブ情報の修正により復旧できる可能性が高く、状態が悪い場合にはメディアを分解して作業します。

ご依頼前の
ご相談・初期診断

すべての初期診断費用0円

内容 お問い合わせ方法 所要時間
依頼前のご相談/お見積り依頼 電話 即答
メール 当日~翌日
障害ハードディスクの初期調査 持込 30分程度
郵送 到着日中

Linuxのデータ
復旧費用と時間

  • 軽度障害
  • 中度障害
  • 重度障害
障害レベル 障害内容 料金(税込)
軽度障害 ハードディスク自体に損傷なし、交換部品が必要ない場合 43,200円~
中度障害 リカバリー後のデータ復旧、 基板損傷、軽度のセクタ不良など 64,800円~
重度障害 ヘッド不良、モーターの不良、重度のプラッタ損傷、
ハードディスクに複合的な問題が発生している場合など
108,000円~
その他 上記のエラーが複合的に発生する深刻な状態でも 最大で
270,000円
  1. ※ 水没・落下などからの復旧は別途お見積もりとなります。
  2. ※ 他社又はお客様側で一回以上分解作業されたハードディスクの復旧は、別途お見積もりとなります。
  3. ※ データ復元費用、復旧時間をご報告致しますので、診断結果を確認後、データ復旧作業を正式にご依頼ください。

ページの先頭へ