ハードディスクのデータ復旧

認識しない、異音などの機械的な障害も1.73日のスピード復旧
顧客満足度91.79%の安心サポート ※2013年12月現在

  1. Home
  2. ハードディスクのデータ復旧
  3. メーカ・製品別 ディスクの特徴
  4. Western DigitalのHDD復旧

メーカ・製品別 ハードディスクの特徴

HDDのメーカやブランド、モデルによって故障の原因に偏りがあり、
各メーカの特徴を知ることで、正確な作業・高い復旧率を可能にします。

Western DigitalのHDD復旧

WesternDigital(ウェスタンデジタル)のハードディスク障害を復旧するには、
ディスクを制御する特殊な技術と互換性のあるパーツの保有が必要です。

WesternDigital(ウェスタンデジタル)の障害事例
Western Digital(ウェスタンデジタル)のハードディスクは、他のメーカーに比べてパーツの互換性が低く、メディア損傷が発生するため、復旧率が低いメーカーという認識です。多くのドナーパーツを保有し、ディスクの挙動を制御することにより、これらの障害に対応します。

障害例1 異音発生後、回転が止まる

データ領域へのアクセスが遅く、セクター不良や複数あるヘッドの内、一部のヘッドが損傷しいてる場合があります。この段階ですぐに電源を切って復旧をご依頼いただければ、高い復旧率でデータを復元できます。

障害例2 2.5インチハードディスクの障害

2.5インチハードディスクの場合、起動できなかったり、異音が発生する場合はすぐに電源を切って、初期診断をご依頼ください。WesternDigital(ウェスタンデジタル)の2.5インチは、無理に電源を入れ続けるとメディアが損傷しやすく、完全にメディアが損傷してしまうと復旧できません。状態を悪化させる前に、まずは復旧天使まで診断をご依頼ください。

障害例3  反復的な異音が発生

電源供給時、カチカチ..カチカチ..と反復的な異音が継続して発生する場合は、復旧の可能性が高い症状です。異音が継続して発生する症状は、ヘッドクラッシュ、ROM損傷の可能性が高く、損傷部品の交換と調整による復旧実績が多数ございます。

障害例4 データ領域へアクセスできない

ハードディスクのモデルは認識されていても、データへアクセスができない場合があります。
Western Digitalのハードディスクはディスク情報またはモジュール情報が損傷するとデータへのアクセスができなくなるため、損傷した情報を修正して復旧作業を行う必要があります。

障害例5  モーターの回転音がしない

電源供給の際、モーターの回転音がしない場合はPCBなどの基板やモータ不良の可能性が高く、復旧率がとても高い症状です。

ハードディスクのデータ復旧事例

Western Digital ハードディスクの
復旧費用と所要時間

  • 軽度障害
  • 中度障害
  • 重度障害
障害レベル 障害内容 料金(税込)
軽度障害 ハードディスク自体に損傷なし、交換部品が必要ない場合 43,200円~
中度障害 リカバリー後のデータ復旧、 基板損傷、軽度のセクタ不良など 64,800円~
重度障害 ヘッド不良、モーターの不良、重度のプラッタ損傷、
ハードディスクに複合的な問題が発生している場合など
108,000円~
その他 上記のエラーが複合的に発生する深刻な状態でも 最大で
270,000円
  1. ※ 水没・落下などからの復旧は別途お見積もりとなります。
  2. ※ 他社又はお客様側で一回以上分解作業されたハードディスクの復旧は、別途お見積もりとなります。
  3. ※ データ復元費用、復旧時間をご報告致しますので、診断結果を確認後、データ復旧作業を正式にご依頼ください。

ページの先頭へ