ハードディスクのデータ復旧

認識しない、異音などの機械的な障害も1.73日のスピード復旧
顧客満足度91.79%の安心サポート ※2013年12月現在

  1. Home
  2. ハードディスクのデータ復旧
  3. メーカ・製品別 ディスクの特徴
  4. HITACHI(日立)・IBMのHDD復旧

メーカ・製品別 ハードディスクの特徴

HDDのメーカやブランド、モデルによって故障の原因に偏りがあり、
各メーカの特徴を知ることで、正確な作業・高い復旧率を可能にします。

hitachi

HGST(日立)・IBMのHDD復旧

HGST(日立) エンタープライズ向けの最新ディスクから IBM ブランドの古いディスクまで、
HITACHI ブランドもお任せください。

HGST(日立)・IBM HDDの障害事例
HGST(日立)・IBMのハードディスクでは、ヘッド損傷による異音の発生やモーター不良及びPCB損傷、メディア不良などの障害がよく発生します。2.5インチのハードディスクから異音がする場合は、メディアの損傷が多く見受けられます。

障害例1 ハードディスクからの異音

電源供給時、ハードディスクから異音がする場合の原因はヘッドの損傷が多く、通電を続けることによってメディアをより損傷させてしまう場合と、メディアにはそれほど影響はなくヘッドのみが故障しているケースに分かれます。 電源を入れてハードディスクから引っかかるような音(高い音や長い音)がした場合は、メディアが損傷している可能性が高いので、すぐに電源を切って診断をご依頼ください。

異音が発生しているHitachi製のHDD

異音が発生しているHitachi製のHDD-1

障害例2 モーター不良及びPCB不良

電源供給時、ハードディスクが認識できない・回転していない場合は、モーター不良及びPCB不良の可能性が高く、障害部位の修復により復旧が可能です。しかしながら、最近のハードディスクではPCBのROM情報を分析して復旧作業を行う必要があるため、他社で復旧不可と診断された案件の再依頼を頂く事例が増えてきています。復旧天使では、ROM情報の修正にも対応しており、他社復旧不可案件も納品実績が多数ございます。

障害例3  メディア損傷

2.5インチハードディスクでは、メディア損傷による異音が発生するケースが多く、メディア(プラッタ)損傷により復旧できないケースもございます。

ハードディスクのデータ復旧事例

HGST(日立)・IBM ハードディスクの
復旧費用と所要時間

  • 軽度障害
  • 中度障害
  • 重度障害
障害レベル 障害内容 料金(税込)
軽度障害 ハードディスク自体に損傷なし、交換部品が必要ない場合 43,200円~
中度障害 リカバリー後のデータ復旧、 基板損傷、軽度のセクタ不良など 64,800円~
重度障害 ヘッド不良、モーターの不良、重度のプラッタ損傷、
ハードディスクに複合的な問題が発生している場合など
108,000円~
その他 上記のエラーが複合的に発生する深刻な状態でも 最大で
270,000円
  1. ※ 水没・落下などからの復旧は別途お見積もりとなります。
  2. ※ 他社又はお客様側で一回以上分解作業されたハードディスクの復旧は、別途お見積もりとなります。
  3. ※ データ復元費用、復旧時間をご報告致しますので、診断結果を確認後、データ復旧作業を正式にご依頼ください。

ページの先頭へ