ハードディスクのデータ復旧

認識しない、異音などの機械的な障害も1.73日のスピード復旧
顧客満足度91.79%の安心サポート ※2013年12月現在

  1. Home
  2. ハードディスクのデータ復旧
  3. 物理障害の詳細
  4. HDDから異音がする

HDDから異音がする

カチッ、カチッ・・・シュューン...。
ディスクから異音がする場合はすぐに電源を切ってください。

HDDから異音がする時の対処方法

パソコンや外付けHDDの電源を入れた時に、変な音(カチャンカチャン、ピーピー)が聞こえたら故障の合図です。
そのまま電源を何度も入れ直したり、ずっと電源を入れておくとヘッドやメディアの損傷が進んでしまうので、電源を切ってお問い合わせください。

HDDからの異音を確認する
メディア損傷

ハードディスクが高温になっている場合は、電源を落とし、冷えてから再度電源を入れてみてください。「カチカチ」「カチャンカチャン」という音がディスクから聞こえてきたら、ヘッドクラッシュやメディア損傷が考えられます。認識できずにリトライを繰り返し、ヘッドが左右に動くときの音ですので、すぐに電源を切ってください。電源を入れ続けるとメディア面が損傷して、復旧できなくなります。

※確認作業によって生じたデータの消失、機械・メディア等の破損に対して復旧天使は一切の責任を負いません。ご心配なお客様は初期診断サービスをお申し込みください。

異音がする場合の復旧は?
異音がするハードディスクの多くは、ヘッド交換等のパーツ交換が必要です。
クリーンブース内でディスクを分解し、復旧作業を行う必要がありますので、物理障害に対応できる設備を持った会社に依頼してください。
メディアの損傷に比例して復旧が難しくなりますので、なるべく電源を入れずに保管してください。
復旧天使なら
ハードディスクやメディアに物理的な障害が発生していても、復旧天使のデータ復旧サービスなら復旧が可能です。
最短6時間から、追加費用等は一切ありませんので安心してご依頼ください。

ハードディスクのデータ復旧事例

物理障害の確認方法

ページの先頭へ