暗号化NAS復旧

  1. Home
  2. 有料サービス
  3. 暗号化NAS復旧 BUFFALO

NASの暗号化も復旧天使で解決!

データの削除,リビルドエラー,FWエラー,HDD故障,RAID崩壊

データ復旧会社様もご利用頂けます!

暗号化NAS復旧支援サービス

システム本体やデータの入ったHDDをお預かりせずに、
お客様がその場でデータを復旧できる安心なサービスです。

費用:297,000円(税込)

必要なもの

  • 復旧天使 Professional
    正規ライセンス
  • 暗号化NAS
    復旧支援サービス
  • 障害システム情報

必要無いもの

  • 障害システムや
    ハードディスク
  • お客様情報とデータ

暗号化NAS復旧支援サービスの流れ

  1. 1.NASの復旧
    お客様にてNASの復旧を実施し、暗号化されたボリュームが復旧天使に表示される状態にします。データの削除等、ボリューム情報が損傷していない場合は必要ありません。
  2. 2.お申し込み
    オンラインから必要事項、情報を入力し、申し込みを行います。
    情報を正しくいただけない場合にはサービスがご利用いただけません。
  3. 3.お支払い
    暗号化NAS復旧支援サービス(有料サービス)の費用をお支払いただきます。
    費用:297,000円(税込)
  4. 4.分析作業
    頂いた情報から、暗号化を復旧するためのキーを抽出します。
  5. 5.納品
    メールにて、抽出したキーを納品致します。プログラムからファイルを読み込み、ボリュームを復号化してください。

顧客情報、データを渡さないので安心!!

BUFFALO TeraStationの復旧依頼に必要な3つの情報

1. 製品情報の収集

2. アカウント情報の取得

管理者権限(admin)のログインユーザー名とログインパスワードが必要です。
システム管理者の方にご確認ください。

3. 解析用イメージの取得

解析をおこなうため、対象の暗号化ボリュームの先頭1000セクターのイメージファイルをご提供いただく必要がございます。
イメージの取得方法は、以下のマニュアルをご参照ください。

イメージ取得方法(Professional)

こんな場合は・・復旧天使が代行します。

  1. 復旧天使Professionalのライセンスを持っていない。
  2. 自分では不安なので、最初から全部復旧してほしい。
  3. ハードディスクが故障していて、物理障害は直せない。

BUFFALO、IODATA以外のメーカーも対応可能!

暗号化NASの復旧方法

STEP1 暗号化解除を行うパーティションを右クリック - 復号化を選択

暗号化ボリュームを右クリックします。
復旧天使Professionalを起動時、自動的にRAIDボリュームが構成されます。表示されない場合は、RAID構成の初期化やハードディスクの障害などが考えられます。
ボリュームが暗号化されているため、正常にマウントできません。該当ボリュームを右クリックします。

パーティションの復号化を選択します。
右クリックメニューから、パーティションの復号化を選択します。
※復号化メニューは、Professionalの専用機能となります。

STEP2 パラメーター設定を行い、提供された復号キーを読み込む

パラメーターの設定
パラメータ定義ウィンドゥが表示されましたら、「”Slat” メソッド」項目を「ブレインナンバー、64bit」に設定します。
提供された復号化キーの英数字を、シークレットキーの項目に入力してOKをクリックすれば、すぐに復号化されたボリュームが表示されます。

データの復旧
ボリュームに損傷が無ければ、ダブルクリックするだけでディレクトリ構造を表示します。削除データの復旧の場合は、別途スキャンを行う必要があります。

顧客情報、データを渡さないので安心!!

ページの先頭へ

  1. 最短翌日スピード復旧NASデータ復旧サービス会員限定30%off
  2. 困った時はこちら