ハードディスクのデータ復旧

認識しない、異音などの機械的な障害も1.73日のスピード復旧
顧客満足度91.79%の安心サポート ※2013年12月現在

  1. Home
  2. ハードディスクのデータ復旧
  3. 物理障害の詳細
  4. 浸水によるディスク障害

浸水によるディスク障害

台風や大雨、津波によって浸水したハードディスクは、乾かさないのが最も重要。
時間の経過と共に復旧率が低くなります。

浸水、冠水、水没ハードディスクの対処方法

浸水したハードディスクは、メディア内部にまで水や異物が入り込んでいるため、クリーンな環境でメディアのクリーニングを行う必要があり、とても難しい作業になります。乾いてしまうとクリーニングが大変になるので、乾かないように濡れたタオルなどに包んで保管してください。ご依頼いただく場合は、密封パックにいれてご郵送ください。

地震、津波により浸水したハードディスクは、
ヘッド、モーター、PCBなど、全ての部品を交換
する必要があります

弊社では、浸水により損傷したハードディスクに対しては初期診断を行う事無く、すぐに復旧作業に取り掛かります。
電源投入によるメディア損傷を防ぎ、メディアのクリーニング及びモーター、ヘッド、PCB交換を行うことで、安全に復旧作業を実施することができます。
浸水したハードディスクの多くは、メディア表面に異物(砂)および塩分が付着している状態のため、電源を入れることにより、ヘッドがゴミをかき集めながらメディア表面の損傷を発生させます。
この場合、復旧の可能性が低くなったり、復旧ができないほど損傷するケースもあるため、浸水したハードディスクにはできる限り電源を入れずに、お問い合わせください。

浸水による障害ディスクからのデータ復旧事例

ST340014A

モデル: ST340014A
初期症状
ハードディスク認識不可(浸水)
作業内容
ハードディスク診断の結果、メディア表面に多くの異物付着を確認しました。損傷した部品を4回交換後し、メディア表面のクリーニングを実施し、認識に成功しました。
復旧率 : 99% 復旧時間: 1日

MK8052GSX

モデル: MK8052GSX
初期症状
洪水による浸水
作業内容
水害によるハードディスク損傷と判断され、メディア表面の異物クリーニングの後、ヘッド、モーター、基板をすべて交換して認識に成功しました。
復旧率 : 99% 復旧時間: 7時間

MK2016GAP

モデル: MK2016GAP
初期症状
洪水によってWindowsパソコンが水没してしまった。
作業内容
分解後、メディア表面の損傷を確認。メディアクリーニングを4時間行い、イメージ取得およびデータの復旧に成功しました。
復旧率 : 100% 復旧時間: 6時間

ページの先頭へ