暗号化からのデータ復旧

  1. Home
  2. 暗号化からのデータ復旧

暗号化されたメディア
からのデータ復旧

パスワードや暗号化をしたままアカウントを削除したり、
パスワードを忘れた場合に、データを復旧するサービスです。

対応可能な暗号化や
パスワード

ハードディスクパスワード
情報漏洩対策の一環として、BIOS上でハードディスクにパスワードをかける場合があります。ThinkpadやSeagate、Toshiba等、BIOSパスワードがかかった状態でも、データを復旧することが可能です。
Windows Vista/7/8 BitLocker
Windowsの「BitLocker」機能を使用してディスク全体を暗号化するお客様が増えています。ご依頼いただく案件はディスクに障害が発生している場合が多いので、回復キーをご準備ください。
Windows EFS
ファイル、フォルダ単位で暗号化するEFSは緑色で表示されています。通常ログインした後は気にすることがないため、バックアップデータを解除しないでアカウントを削除・リカバリーしてしまうと、開けなくなります。復旧にはアカウントIDとパス、暗号化したPC本体が必要となります。
その他の暗号化とパスワード
EndPoint/SafeBoot/秘文等の各種暗号化ツールや、MS Officeのワードやエクセル、圧縮ファイルなどの個別にパスワードなども復旧実績が多数ございます。お使いの暗号化・パスワードツールをお知らせください。

暗号化からの
データ復旧費用

損傷ファイルの種類 拡張子 復旧費用 備考
Microsoft Word doc 54,000円 1ファイル基準
Microsoft Excel xls
Microsoft PowerPoint ppt
Microsoft Access mdb
EFS (Windows Xp) 81,000円 1ファイル基準
ハードディスクパスワード
Bit Locker(Windows Vista)
その他 PointSec / Safeboot / 秘文など
その他 別途お見積りとなります。

ページの先頭へ